高級賃貸物件とは

賃貸住宅を借りる際にかかる費用について

賃貸住宅を借りるためには初めに契約を結ぶ必要があります。不動産会社が用意した賃貸借契約書の内容を確認したら署名と捺印を行いますが、契約を成立させるために様々な費用を支払わなくてはなりません。
契約時に必要な諸費用について確認してみましょう。
まずは敷金と礼金です。敷金と礼金は家賃の一ヶ月分や二ヶ月分という具合に定められていることが多いですが、最近は礼金がゼロの物件やどちらもゼロになっている物件が増えています。
初期費用について 賃貸住宅がいくつも建ち並んでいるようなエリアでは入居者の獲得競争が激しいので、敷金礼金ゼロの物件が見つけやすいでしょう。
また家賃は前払いになるため、契約する時に一ヶ月分の家賃も支払うことになります。
他には仲介料や保証会社に支払う保証料、火災保険料、カギ交換代等もあります。
仲介料とは賃貸住宅を紹介した不動産会社に対して支払う費用です。家賃の一ヶ月分が相場ですが、長い間空きになっている物件等は仲介料を取らない場合もあります。
保証料は家賃保証会社に支払う費用で、万一家賃を滞納することがあれば保証会社が立て替えて家賃を支払います。保証会社が家賃を立て替えた場合は利息を付けて返済しなければなりません。

高級賃貸物件とはどういうものか

賃貸物件では賃料が100万円というような高級物件もありますが高級であっても3万円からという物件もあります。
大抵は主要な駅からの徒歩時間も短く、タワーマンションやデザイナーズマンションになっているケースが多いものです。
この場合構造的にも地震に強い免振構造とか制振構造とかの工法がとられていて、地震が来ても揺れを感じることの少ないもので安全です。
そして設備機器も高級なシステムキッチンや什器が設置されていて、インテリアも外国仕様の内装になっていたりします。
部屋の作りもタイトであるためにピアノを弾いたり楽器を鳴らしたりもできます。
高層階からの眺望もよく、最上階にはレストランがあったり、1階にはラウンジがあったり、フィットネスジムがあったり、大きな浴場の付いているところもあり快適に過ごすことができます。防犯設備もそろい、管理体制も整っていますので安全性が確保されます。
デザイナーズの場合にはその地域のランドマークになるようなしゃれた外観をしている場合も多く、メゾネットタイプになっていることもあります。
ペットととも住むことができて、1階部分は店舗が入居していたり事務所が入っていて生活に便利な施設も多く見受けられるものです。

おすすめの高級賃貸情報サイト

格安マンションから高級分譲マンションまで豊富に紹介「エスアールホーム」

高級賃貸 東京