更新料について

高級賃貸の更新料について

更新料について 高級賃貸は、通常の不動産を借りる時と同じで、賃貸借契約を締結します。
この時、契約についての詳細が定められます。
例えば、契約期間や家賃、敷金などです。
その中で、更新料についても定められます、一般的に、更新料は家賃の一月分が相場です。
ただし、地域ごとや大家によっても異なります。
この更新料は、法律には定められていませんが、合意によって支払うことを定めることが可能です。
最高裁判所も、この額が高過ぎず、かつ契約締結時にきちんと説明していたような場合には、有効である旨、判示しています。
高額すぎるか否かは、具体的事例により判断されますが、過去の裁判例では、一年ごとに家賃二か月分を支払う約束になっていた事に対して、高額すぎないとしています。
したがって、一月や二月程度の家賃相当額であれば、有効であると考えても良いでしょう。
高級賃貸の場合、家賃自体が高いため、更新料を支払うことを想定しておかないと、意外と高い出費に驚くこととなるので、注意が必要です。

高級賃貸の違約金には注意が必要

高級賃貸では、契約の途中で解約をしたり、一ヶ月前の解約申請をしなかった場合には違約金が発生するケースがあります。
高級賃貸では、家賃がとても高いので、違約金が「家賃の一か月分」となっている場合でもとても高額な費用がかかってしまいます。
もしも、収入が減ったという理由で引越しをするならば、なるべく費用を抑えて引越しをしたいでしょう。
契約内容にもよりますが、通常は退去をする一ヶ月前に解約申請をすれば違約金は発生しません。
それとは別に、退去月の日割り計算ができるかどうかは必ず確認しておきましょう。
日割り計算ができない場合には、例えば5月1日に退去をしたとしても、5月分の家賃がまるまるかかってしまいます。
また、契約の途中で解約をする場合にも違約金がかかる場合があります。
例えば、2年契約を結んでいて、2年が経過しないうちに解約をした場合には、家賃の一か月分を支払うという契約になっていることがあります。
退去をする前にしっかりと契約内容を確認しておきましょう。