敷金と礼金

賃貸の敷金とはなにか

賃貸物件の引き渡し時に発生する問題に敷金があります。
敷金とは、賃貸契約時に支払う初期費用の一部であり、部屋を借りるための保証金のことです。退去時に部屋の修復が必要な場合、滞納している家賃がある場合などに敷金の中から補填します。
言い換えれば、保証する要件がない場合や保証して余ったお金がある場合には、退去時に返還してもらうことができるのです。
ただ、どの範囲で保証が必要になるのかをよく理解しておかないと足元を見られて返還してもらえないという問題も生じ、最近ではこの返還をめぐるトラブルが増加しています。
原則として契約書に従うことになるため、例えば返還はないと記載されているのなら補修の必要や家賃の滞納がなくても返還してもらうことができませんし、3分の1のみ返還と記載されてあるのなら補修の必要や家賃の滞納がなくても3分の2は返還されないことになるでしょう。
また、契約書に明確な記載がない場合はガイドラインに従うことになります。
よって、契約書とガイドラインときちんと把握しておくことが大切です。

賃貸物件の礼金とは

賃貸物件の礼金 賃貸物件で、敷金や保証金の他に礼金といったものが書かれているのを見たことがあると思いますが、敷金と保証金というものは、賃料の約3か月分くらいの金額を家主に預け入れ、退去時の修繕費として充てられたり、万が一賃料を滞納した時にそこから差し引くためのもので、退去時に差し引いて余った金額は精算で戻されます。
一方、礼金は家主に対して「これからお世話になります、この町内に入りますので面倒を見てください」などといった、いわば家主に対するお礼。ですので返還される事はない費用です。
相場的にはだいたい賃料の1か月分程度。しかし、礼金がある賃貸物件は古くからある住宅街などで家主が町内に深く関わっている場合が多く、賃貸ではあまり町内行事に参加しない事がある中で家主がその借主の分まで参加しているような時もあり、そうゆう事に対するお礼です。
今では入居費用をおさえたい借主が多いのでなくなりつつありますが、ある場合でも自分達のかわりに家主さんが何等かに関わってくれているといった事は知っておくと気持ちもまた違うと思います。